2009年01月25日

小牛田農林の生徒さんと、バラの花びら染め体験

平成21年1月24日(土)

いつも畑に力を貸してくれている小牛田農林高校さんの指導で、バラの花びら染めが行われました。去年に引き続き今年で2度目です。

小牛田農林高の生徒さんたちは、去年の「第34回東北現代工芸美術展」の一般の部に染織二作品を出展し、入選(審査員特別賞)したという、素晴しい能力をもっているみんなです。望みの色を出すために何度も実験を重ねて、今回も教えに来てくれました。

今回はストールを染めます。お子さん2人を含む24人の参加者に対して、小牛田農林高校の生徒さん4人、先生2人で指導していただきました。

まずは赤いバラの抽出液か?黄色いバラの抽出液か?ベースをどっちの色にするか選びます。それぞれの色によって班をつくり、各班一人づつ生徒さんについてもらって、染物開始です。

バラの抽出液とアントシアニン抽出剤を混ぜ合わせたものを、鍋に入れて火にかけます。1時間ずーっと、温度計とにらめっこしながら適温の40~50℃に保ち、ひたすら揉み続けます。ムラがでないように、揉みかたも気を付けます。


段々と色がついてきました。
↑写真は黄色のバラの抽出液のもの。
この時点では黄色ではなくサーモンピンクっぽい。


まだまだ揉み続けます。




揉んでいるとこんなに1時間が長いものかと思わされました。
でもその間、同じ班ひととの会話がはずみます。


鍋からあげて、ストールを水洗いします。


そしてそれぞれが選んだ媒染液に揉みながら漬けて、
これまた30分間揉み続けます。


・・・そして完成品がこちら↓

上と下のそれぞれは、同じ黄色のバラの抽出液。
でも色が見るからに違っていました。不思議!

各自帰ってから陰干しをします。
ちなみに私の作品(上記写真の上段真ん中)はこうなりました↓

(抽出液=黄色のバラ、媒染剤=アルミ)

とてもやわらかな色合いになりました。


*みんなの感想*

・手間暇をかけてものをつくるということが最近なくなっているけど、長い時間かけたものは愛着がわくことを実感しました。

・生徒の皆さんがとてもしっかり説明をしてくれて。自分が学生の時を思うと、高校生の時にこんなにしっかりと説明できていたかなぁ?と思わされました。

・女の方の参加者が多いけど、もっともっと男性の方が参加してくれると良いなと思います。

・今回まちなか農園の催しに参加しました。住んでいるアパートは高齢者単身で住んでいる人がどんどん増えています。なかなか人と交流もできにくくなっていたけれど、このような場に来て、すれ違っていただけの町の人とも顔なじみになれました。こんな場があると、この町で生きていくことに希望を感じられます。

*まとめ*

 バラの花びら染めは、その甘美な響きとは裏腹に、忍耐と根気のいる作業でした。ちょっとづつ色合いが変化していく色。どんな色になるんだろうと、期待と不安が入り混じります。出来上がると人それぞれの違いを比べて楽しんでいました。

 学校の先生方のお話からは、「生徒が地域の人と関わることで成長することができる」「農業高校を知ってもらうきっかけになる」とおっしゃっていました。生徒さんからも「交流できてとても嬉しい。まちの人から学んだことがとてもたくさんある。」と嬉しい声がありました。


 逆に町の人たちも、とっても元気な生徒さんと話す中で、たくさんのパワーをもらっています。会場には笑い声が溢れていました。生徒さんのことを○○先生!と呼ぶ声が飛んでいました。そしてしっかりと説明をしている様子をみて、未来への希望を感じさせられます。

 去年から継続して関わってくれている3年生の生徒さんに説明していただいたのですが、もう卒業間近ということ。寂しいところですが、卒業してからもぜひ畑に遊びに来てくださいね!


【お知らせ】
1月29日(木)~2月2日(月)に夢メッセで行われる「とうほく蘭展&バラとガーデニングフェスタ2009」に小牛田農林さんも出展します。ぜひ足を運んでみてくださいね。

(Lisa)



同じカテゴリー(イベント報告)の記事画像
平成25年度 もちつき大会
平成25年度 収穫祭
蕎麦打ち藤坂道場
そば打ち教室
*企画協力*toko!toko!Sendai 開催
平成24年 夏祭り 〜愉快な演奏と仲間たち〜
同じカテゴリー(イベント報告)の記事
 平成25年度 もちつき大会 (2013-12-22 20:03)
 平成25年度 収穫祭 (2013-11-05 19:05)
 蕎麦打ち藤坂道場 (2013-10-20 22:26)
 そば打ち教室 (2013-07-07 16:43)
 *企画協力*toko!toko!Sendai 開催 (2012-12-11 00:04)
 平成24年 夏祭り 〜愉快な演奏と仲間たち〜 (2012-07-29 11:34)

Posted by まちなか農園 at 20:09│Comments(8)イベント報告
この記事へのコメント
こんばんは
バラの花びらで素敵にそまりましたね!
以前枇杷の葉っぱでスカーフ染めました(^0^)
蘭展いきますよ~^^
Posted by なかがわなかがわ at 2009年01月26日 00:58
◆なかがわさん
こんにちは!コメントありがとうございます♪
枇杷の葉っぱでも染められるのですか!やっぱり緑色なんでしょうかね??

蘭展、楽しんで来てください!
Posted by Lisa at 2009年01月26日 12:12
こんばんわ!
おぉー。きれいに染まりますね〜
僕も高校で草花を専攻しているのですがバラがこんなに染まるものだとは知りませんでした。

そして、ぜひとも今度農園に遊びにいかせてください^^
Posted by ナカムラ at 2009年01月29日 23:02
◆ナカムラさん
どうもこんばんはー!
バラとか、「梨」でも染めているということでしたよー。染める部分だけでも大変だなぁと思ったのに、抽出液をつくるってものさぞ手間のかかる作業なんだろうなぁと。

ぜひぜひ遊びにきてくださーい。そして今度イベントの時はお声がけしますね!
「草花専攻」だとどんなことを学んでいるのかも気になるところ。直接お話し聞いてみたいです。
Posted by LisALisA at 2009年01月29日 23:42
梨でもそめますよ~!
剪定で切り落とした枝を使います
Posted by なかがわなかがわ at 2009年01月31日 14:54
◆なかがわさん
枝を使うんですか!皮の部分から色素がでるのかな?
自然のものって工夫次第で無駄なく活用できるんですね。
Posted by LisALisA at 2009年01月31日 22:50
lisAさん、蘭展に行って、小牛田農林高校のバラ染めのコーナーで素晴らしい作品を見てきましたよ。
淡い柔らかな色合いのストールやハンカチ、手作りの温かさを感じました。高校生の皆さんも頑張っていましたね。
Posted by ジンギスカンの娘 at 2009年02月03日 09:03
◆ジンギスカンの娘さん
返信かなりおそくなってしまいすみませーん。。ありがとうございます!!高校生たちも喜んでいることかと思います♪
Posted by LisALisA at 2009年03月01日 22:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
小牛田農林の生徒さんと、バラの花びら染め体験
    コメント(8)