スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2008年11月03日

【コラム1】 まちなか農園ができるまで ~研究時代~ 

「コラム」という形で、農園ができるまでの経緯を、ご紹介しています。

ブック コラム1:まちなか農園ができるまで

Ⅰ 研究時代

全ては、仙台市の外郭団体であった(今はなき)「仙台都市総合研究機構(以下SURF)」で、「杜の都に田園資源を活かす研究」というものが企画されたことから始まりました。

・市民研究員を交えての研究

研究は、公募で集まった市民研究員6人
市の職員のなかから、我こそはと集まった職員研究員3人
そしてSURFの研究員の2人、という計11人で進められました。
  
市民研究員は主婦から定年後の方、学生まで多種多様。私自身も学生時代に市民研究員として関わっていた立場です。田園資源とはなんぞや???ということから始まりましたが、最初はどこに行き着くのか全く検討がつきませんでした。
   
・日本各地の、素敵な農空間

最初の1年は、各地を視察したり、「土とのふれあい」について市民にアンケートを行ったりし、方向性を探りました。
  
視察の様子 (田尻町)


全国の先進的な取り組みやアンケート結果から、「農」の効能を大きく5つにまとめました。
  ● コミュニティ
  ● 環境・生物多様性
  ● 教育
  ● 健康・福祉
  ● 景観・地域


どんな事例があったか紹介すると、
≪高齢者・障害者福祉≫
高齢者のリハビリに農業を活用したり、一人一人の個性を生かした障害者の自立支援のツールとして「農」が利用されていました。

≪循環型環境・生物多様性の保全と創造≫
首都圏では、住宅地の一角の土地で、キウイを使ったヒートアイランド対策、家庭生ゴミの堆肥化、キウイをエコマネーにしたごみ交換リサイクルが行われ、それが地域コミュ二ティをつくる一助ともなっていました。

≪コミュニティの醸生≫
新たに開発された住宅地に棚田が作られ、旧住民と新住民が農を通じて交流していました。

棚田のある公園(東京都)


私自身がとても素敵だなと思っている、仙台市内「農」空間の事例を一つ紹介します。

太白区袋原の市民農園、リトルファーム今野家さんでは、畑のみではなく、保育やカフェの機能があったり、ワンコイン(500円)の講習会が行われていたり、障害者を受け入れていたりと農園利用者のものだけじゃない、地域の居場所となっていました。最近ではライブ等も行われたようです。
  
研究の当初バスで市内を巡った際訪れ、とても気になって、学校から自転車で何度か通わせていただいていました。
  
まちなか農園との共通点は、地域に住む人の力や知恵が、その中で活きているという点や、誰でも受け入れてくれる雰囲気があるということだと思います。
  
*河北新報さんを含む東北八新聞社協議会さんの特集「農ハウ」
  リトルファーム今野家さんが紹介されていました。
   http://www.nouhow.com/200808_kahoku.html
  *ちなみに「アーバンスコップ」も紹介されていました。ついでにご紹介。
    http://www.nouhow.com/200709_kahoku.html

・5つの提案
「農」にはどういう効能があるのか把握し、それを仙台市内でどのような形で活かせるか、5箇所で提案を行いました。そのなかには「アーバンスコップ」のある仙台駅東口、「まちなか農園藤坂」のある大手町・花壇の2つも含まれていました。研究1年目はここで終わりになります。

参考文献)仙台都市総合研究機構,2005 SURF研究報告 杜の都に田園資源を活かす研究 -“杜の都の居場所”をつくる「農」空間-,平成18年3月

(Lisa)
  

Posted by まちなか農園 at 20:20Comments(0)まちなか農園ができるまで

2008年11月01日

【コラム1】 まちなか農園ができるまで ~目次~ 

経緯などを書かず締まりがないまま、ここまで来ていましたicon10
「コラム」という形で、今に至るまでの経緯を、
これからご紹介したいと思います!

なにか要望やご意見あったら、気軽にコメントいただけると
嬉しいです。

ブック コラム1:まちなか農園ができるまで

Ⅰ 研究時代
  ・市民研究員を交えての研究
  ・日本各地の、素敵な農空間 クローバー
  ・農の5つの効能
 
Ⅱ 仙台駅東口「アーバンスコップ」での実践研究
  ・いろんな人たちの力の結集 ちからこぶ
  ・様々なイベント
  ・まちなかの畑が教えてくれるもの

(*Ⅰ,Ⅱはアーバンスコップ倶楽部*1 からの視点での紹介です。)

Ⅲ まちなか農園藤坂 誕生
  ・地域の人の力
  ・これまでの活動とこれから

こうご期待くださいicon12


*1アーバンスコップ倶楽部
仙台都市総合研究機構で行った農空間の研究に関わった市民研究員や職員研究員、その他様々な技能を持つメンバーが、まちなか農園を応援するために立ち上げたNPO団体です。  
タグ :経緯コラム


Posted by まちなか農園 at 23:11Comments(0)まちなか農園ができるまで